浪人先生とちょっと一息

元浪人生の会社員が、受験やその他について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。

【体調不良時の判断】体調が悪いときに勉強をすべきかどうか

f:id:roninsensei:20190210080342j:image

こんにちは、こんばんは。

 

長い受験生活、いつも体調万全という訳にはいきませんよね。

少し体調を崩したり、熱が出てしまう事だってあると思います。

 

今回はそんな、「体調を崩してしまった時」に勉強すべきかどうかについて、私の提案をさせていただけたらと思います。

 

やろうと思えるなら少しやるのはアリ

こんなことを言うとお叱りを受けてしまいそうですが結論から言うと、何も考えられない位に体調を崩していなければ、軽くても勉強をすることをお勧めします

 

このままではただ反感を買って終わってしまうと思いますので、もう少し説明をさせてください。

 

私が体調不良時の勉強を勧める理由。

それはどちらかというと、むしろ自分の心のケアのためなんです。

体調が悪いからと勉強をやめてしまうと、

 

「あぁ、今日は休んでしまった。。。」

 

と自己嫌悪状態になり、落ち込んでしまう可能性があるからです。

 

そうやって勉強に対してネガティブな気持ちが強くなってしまうと、体調が回復してからも勉強に戻る気が起こらなかったりします。

結局良いことがないんです。

 

勉強をした方がむしろ精神衛生上良い

受験生は、予定外の休みを取っても脳や心をうまく休めることができません。

体調が悪いからと参考書を閉じてベッドに横になったとしても、頭の中では

 

「勉強やらなきゃ・・・やらなきゃ・・・あぁ、やらなきゃ・・・」

 

と繰り返されてしまい、ちっとも休まらないんです。

 

「そんなこと考えるのはやめろ」と言われても、それは無理な話。

一生懸命頑張ってきている人ほど、この思いは強くなってしまいます。

 

どうせ脳や心が休まらないのであれば、これまでやってきた勉強範囲について軽く復習をする時間にあてたりする。

その方が、よほど精神衛生上良いんです。

 

こんなことを言うと、「受験ってなんてブラックなんだ。。。」と思う人もいるかもしれません。

 

けれども自分の心ためにはむしろ、むりやり休ませてしまう方がマイナスなんです。

ちょっと悲しいですけど。。。

 

もちろん、ぶっ倒れるくらいの体調の時にまで勉強するべきではありません。

けれどツラくても頑張れる時に頑張っておくと、後で

 

「あの時だって、自分はあんなに頑張ったんだ。きっと大丈夫だ。」

 

と、案外大きな自信につながるんです。

こういう精神論は、あながち馬鹿にできません。

 

勉強は、仕事と違って替わりがききませんよね。

「休んだ自分」の代わりに勉強をしてくれる人はいないんです。

 

勉強するのも自分。

その結果を受け止めるのも自分。

土壇場で自分を支えられるのも自分。

 

自分のやってきたこと全てが、自分の結果に跳ね返ってきます。

 

だから多少の無理は、むしろ自分を落ち着かせるためにした方が良いとも思うんです。

 

あくまで簡単な勉強にはとどめるべきです。

けれど多少体調が悪くても少しは勉強した方が、むしろ気持ちは楽になります

 

インフルエンザの高熱や、頭痛や腹痛、吐き気でどうにもならない時は別ですが。

「ちょっと体調悪いかな」位の時には、なるべく勉強の手を止めてしまわないことをお勧めします。

 

栄養補給と睡眠はしっかりとしよう

言うまでもなく、体調が悪いままで受験生活を続けることは✖です。

普段の勉強も試験本番も、体調を整えて臨めるようにすべき。

 

体調を崩したら可能な限り早期に治す様、いつも以上にしっかりと栄養補給と睡眠をとることを怠らないようにしましょう。

 

また、体調を崩しにくい体づくりを普段から行っておくことがとても大切です。

(健康法関係の記事もいくつかまとめています↓ので、併せてぜひ。)

健康法 カテゴリーの記事一覧 - 浪人先生とちょっと一息

 

何事も体が資本。

 

体力万全で、勢い良く受験生活を乗り切ってもらえたら嬉しいです。