浪人先生とちょっと一息

現役時代全落ち→一年間の宅浪→早稲田政経→金融機関に就職の会社員が、受験やその他について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。

【後悔や遅れは取り戻せる】どこからでも、勉強はまず始めることが大切

f:id:roninsensei:20181223165356j:image

 こんにちは、こんばんは。

 

勉強にいまいち本気になれないまま、時間だけが過ぎていく。

やらなくてはいけない理由もいまいち分からないし、いざとなったらやれば出来ると思ってつい漫然と過ごしてしまう。

 

時にはそれが、大きな後悔につながる事も。

 

今日はそんな人の役に少しでもなればと思い、自分の浪人経験も踏まえてお話しします。

 

 

「やればできる」には何の根拠も無い

「やればできる」と思っている人って、結構多いんじゃないかと思います。

 

けれどそれって、本当は何の根拠もありません。

 

もちろん自分に自信を持つことは良いことです。

けれどもまだやったことが無い以上は、本当に出来るかどうかなんて誰にも保障は出来ないのです。

 

 

早く次へのスタートをしよう

「やれば出来る」と言っているウチは、まだスタートラインにも立てていません。

 

とにかくまずは始めること。

外から傍観したり、批評をしたりしているだけでなく、自分も当事者になる。

そうでないと、ものごとの本質はいつまでたってもつかめないものだと思います。

 

やってみて、ダメな所があれば修正する。更にやってみる。

その繰り返しのサイクルに、なるべく早く自分をもって行きましょう。

 

始める前から「なんとかなるさ」と思っているとしたら、やっぱり危険です。

確かに楽観的な考え方だってとても大切。

けれどそういうスタンスを持って良いのは、もうすでにかなり頑張っている人だけです。

 

浪人した経験や、その後の会社員生活も踏まえて思うのですが、

適当にやっていてもとりあえず何とかなってしまうのは、高校卒業までなんじゃないでしょうか。

 

 

やっぱり、後悔しないことが大切

生きていて一番苦しいのは、後悔をすることだと思います。

 

「あの時やっておけば良かった」

「自分だって本当はやればできたのに」

 

なんて思いながら生きていくのは、かなり嫌なものです。

 

人生は後悔の連続かもしれません。

それでも、しなくて良い後悔はやっぱりするべきではないと思います。

迷っているのであれば、まずはやってみることをおススメします。

 

「もう遅い」と思っても大丈夫

 

「そんなこと言われても今さらもう遅いよ!」と思う人もいるかもしれません。

 

「なんとかなるさ」とずっと勉強していなくて、試験シーズン直前になって勉強の重要性に気づく人もいますよね。

 

私は、正にその一人でした。

 

勉強をいまいち本気でやっておらず、土壇場で突然焦りまくり。

パニくって勉強どころじゃなくなり、学校を休んだ事もありました。

結局現役生のときの受験では全く通用せず全落ち。

今のところの人生では、あの頃が間違いなく一番落ち込んでいました。

 

そんな経験を踏まえて言います。

当時の私と同じような状況の人も、大丈夫だから落ち着いてください。

頑張る気持ちさえあれば、そのぐらいの遅れはまだまだ挽回は出来ます。

少なくとも、これは保証できます。

 

今からできる事をやって狙える大学を目指すとか、浪人して一からやり直すとか。

受験以外にも、成功の選択肢は沢山あります(こちらもご参照ください)↓。

www.roninsensei.com

 

落ち着いて、自分がどうしたいのかを客観的に見つめなおしてみましょう。

実は自分が思っているより、そこまで深刻な状況ではないですから。

 

やり方は本当にいっぱいあります。

野望を持って、自暴自棄にはならないで。

つらい時ほど前向きにやっていきましょう。

前を向いて頑張る助けに、ここの記事のどれかがなれば、本当にうれしいです。

 

ちなみにその他、私に話が出来ることはお話しています。

PCからなら右のサイドバーのお問い合わせフォームからメールをお送りいただけますし、ツイッターのDMでも全然結構です。

もちろん、各記事のコメント欄に記載いただいても結構です。

 

答えられない事もあるかもしれませんが、独り言のつもりでお気軽にどうぞ。

 

一緒に、一歩ずつ頑張っていきましょう。