浪人先生とちょっと一息

金融機関会社員が、社会人の学び直しや勉強について書いてます。

【スヌーピーから勉強する】自分の人生と向き合う

 f:id:roninsensei:20181219143713j:image

こんにちは、こんばんは。

 

今回はスヌーピーが出てくるコミックス「ピーナッツ」から、名言を共有したいと思います。

 

 

  

引用 

ルーシー

"Someday you're going to have to grow up and face life without any help from anyone"

「あなたもいつかは大人になって、誰の助けも借りずに人生に立ち向かわなくてはならないのよ」

 

 英語勉強視点でのポイント

”be going to”と"will"

 

 "be going to"="will"で未来形だと、学校の授業なんかでは習いますよね。

受験を目標にした場合、基本的にはこれでもイケます。

書き換えの問題とか、テストでも出ると思いますので大切。

 

じゃあ両者が全く同じ意味なのかと言われると、それは違います。

 

ニュアンスに違いがあるんです。

 

 

①”be going to”は発言したときには決まっていたこと (確定的な未来)

②   "will"        は発言したときに決めたこと      (不確定な未来)

 

こんな風な認識でよいのかなと思います。

 

①"be going to”は、発言時にその未来が決まっているような時に使います。

今回のルーシーの発言のような、

 

"You are going to grow up"

「あなたは成長する」

 

は、発言時には既に決まっていることですよね。

こういう、「既に決まっていて、現在そこに向かって進んでいる」ニュアンスの文に使います。

 

"be going to"は皆さんまず現在進行形で習いますよね。

だからこのイメージに近いと思っておくと分かりやすいんじゃないでしょうか。

 

②"will"は、発言者がその時に決めたような話の時に使います。

 例えば、

"I will get into this university!"

「私はこの大学に入るぞ!」

 

みたいな時です。

こういう、話し手の意志や、未来の見通しに関する考えみたいなものを伝える時の表現です。

 

"will"って、「意志」って名詞でもありますよね。

 

こうやってつなげて覚えると記憶に定着しやすいし、

思い出しやすいからおススメ。

 

"face"

"face"は「顔、フェイス」という意味の名詞としての認識が強いと思います。

けれどここでは、「~と対峙する、立ち向かう」という意味の他動詞として使われていますね。

 

"face life"として、「人生に立ち向かう」という文。

人生を「立ち向かう」ものだと捉えるあたり、ルーシーはやっぱりマセていますね。

 

他動詞としての"face"には「現実と向き合う」というニュアンスもあります。

自分の人生と向き合うという意味合いも感じられる、なんとなく深い文になっていますね。

 

自分の人生と向き合う

自分の人生と向き合うなんて、今現在の私自身、全然できていないんじゃないかと。。。。

 

子供であるとは思われるルーシー(具体的な年齢は分からないんです。。。)に、気づかされた思いです。

 

思わずハッとさせられました。

 

何かに頼って、何かのせいにして、ただなんとなく生きてしまっていないか。

 

普段から「忙しい」とか、「仕方ないんだ」とか言っている大人こそ、

こういった事にはきちんと向き合わなくてはいけないですよね。

 

人生に言い訳ばかりしていると、向き合う前にあっという間に終わってしまうんじゃないか。

 

浪人は"face life"のとても良い時期

 

私が普段たくさん記事を書いている浪人時代って、正にこの「人生に向き合う」時期なんじゃないかと思います。

 

それまで生きてきた「普通」の生活から切り離され、これからのことについて考える。

自分の力で何とかしないと、未来がどうなるかさえ分からない。

 

それまでなんとなく生きてきた人も、ここで初めて人生を「自分のこと」として考えたって事も多いんじゃないでしょうか。

 

もちろん学歴が人生の全てではないし、生きているともっと楽しいことややりがいのあること、自分が成長できるようなことは沢山あります。

 

けれども一度立ち止まって、必死になって、これまでの事やこれからの事を考える。

浪人生活はそういう期間でもあるのかなぁと、少し思います。

 

今浪人をしている方は、せっかくの貴重な時期です。

前向きに頑張ってみてくださいね。

 

 他にもスヌーピーの名言について紹介しています。

是非ともご覧ください!

↓↓↓

スヌーピー カテゴリーの記事一覧 - 浪人先生とちょっと一息

 

スヌーピーの作品集は↓から。