浪人先生とちょっと一息

元浪人生の会社員が、受験やその他諸々について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。受験生はもちろん、そのご家族の皆さんにこそご覧いただき、少しでも役立つ部分を持って帰っていただきたい。そう思って書いています。

【実は大きなポイント】アドバイスを上手く取り入れるための考え方

f:id:roninsensei:20181204153458j:image

こんにちは、こんばんは。

 

毎日勉強頑張っている方、本当にお疲れ様です。 

勉強は孤独なものですよね。

やるのは結局自分自身。

この孤独といかに上手く向き合っていくかが、受験生活を乗り切るポイントだったりします。

 

けれども、最初から最後まで一人で勉強するのはかなり危険。

 

特に勉強のやり方については、しっかりと人のアドバイスを聞くべきです。

けれども、他人の話をどこまで信じれば良いか、悩ましいのも事実。

 

あまり無批判に受け入れては、危険かもしれません。

そこで今回は、「アドバイス」について考え方を共有したいと思います。

 

 

アドバイスを受け入れすぎる危険性

 

人はそれぞれ違う 

アドバイスをくれる人って、とても親切だと思います。

 

他人に自分の意見を言うことって結構勇気が要ることです。

否定される可能性もあるし、「なんかこの人嫌だなあ」と思われてしまうかもしれません。

 

だから、嫌な顔をしたり適当にあしらったりせず、きちんと聞くことは大切。

 

けれど注意しなくてはならないのは、そのアドバイスはその人にとっての正解に過ぎないということ。

 

100人いて100人全員に当てはまる答えはありません。

 

その人がいかに優秀な人でも、あなた自身と同じ人生を送ってきた訳ではありません。

だからアドバイス通りやれば必ずうまく行くとは限らないんです。

  

「優秀な人」=「痛みが分からない人」かも

アドバイスをくれるのって、その分野ではそれなりに優秀な人ですよね。

ここにも落とし穴があります。

 

普通の人が立ち止まってしまうような壁を、優秀な人は壁とも思わないままクリアしていることが多い。

 だから、普通の人がどうして悩んでいるのか、優秀な人は分かっていない事も多いんです。

 

普通の人がどこでつまづくのかも分からないから、必ずしも的確なアドバイスをくれる訳ではないんです。 

 

アドバイスを最大限活かすには

 

冷静に分析する

 

そうは言っても、他人にアドバイスを求めるのは、もちろんムダではありません。

むしろ、多くの人に話を聞くべきです。

 

大切なのは、アドバイスに対して盲目的にならないこと。

アドバイスを聞いて、自分の場合にはどう取り入れた方が良いのか、しっかりと冷静に考えることが大切です。

 

どんどん試す

アドバイスはどんどん取り入れ、まずは試してみることが大切です。

その際、本当に自分に合っているのか、無理があるやり方じゃないかを考えながらやってみてください。

 

試してみてダメだったとしても落ち込まない。

「自分にもし合っていたらラッキーだ」位に思って取り組みましょう。

 

自分と同じ目標をクリアーしている人の話を聞く

アドバイスはどんどん取り入れるべきだといいましたが、さすがに知り合い全員に話を聞いて取り入れるのは大変。

 

だから聞くならなるべく、自分と同じ目標をすでにクリアーしている人の話を聞くことが大切です

 

大学受験であれば、自分の志望校に既に合格している先輩に話を聞くべきです

その意味で、学校の先生や自分の同級生の話を信じるのは少し危険。

 

正直、学校の先生が必ずしも大学受験で上手くいった人とは限りません。

同級生に関しては、そもそもまだ受験を経験してすらいないんです。

 

だからもし先生や友達に否定的なことを言われたとしても、あまり落ち込まないことが大切。

「本当にそうなのか?」と自問自答してみてください。

 

勉強に関して言えば、努力をすれば逆転可能な事も沢山ありますから。

 

最後に

大切なのは

「自分の頭で考える習慣を持つこと」

だと思います。

 

アドバイスをくれる人は確かに親切です。

けれども、あなたのやったことの結果まで、責任を持てる訳ではありません。

うまく行ったにしろ、失敗してしまったにしろ、責任を取るのはあなた自身。

 

だからどんなことを誰に言われたって、自分なりに考えて決断をする。

この意識を持つだけで違ってきます。

 

大変な時期に更に色々考えるのは、とてもツラいことと思います。

とてもシンドいと思いますが、後悔が無いよう過ごしていただけたら嬉しいです。

 

明るく、前向きに。頑張っていきましょう。