浪人先生とちょっと一息

元浪人生の会社員が、受験やその他諸々について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。受験生はもちろん、そのご家族の皆さんにこそご覧いただき、少しでも役立つ部分を持って帰っていただきたい。そう思って書いています。

【スヌーピーから勉強する】考え事はシチュエーションを変えて

f:id:roninsensei:20181122145352g:image

こんにちは、こんばんは。

 

今回はスヌーピーの名言についてです。早速共有させていただきます。

 

 

引用

 

スヌーピー

"If you think about something at three o'clock in the morning and then again at noon the next day , you get different answers… "

「同じ事を考えても、朝の3時と翌日の昼とでは答えが違ってくるよ…」

 

 英語勉強視点でのポイント

今回はそれほど難解な表現はありません。

細かく文を切って、直訳していきたいと思います。

 

If you think about something at three o'clock in the morning

時間表現

 

"at three o'clock in the morning"は、「午前3時に」です。

 

"at three o'clock am"という表現でも同じ意味です。

 

ちなみに、"at three o'clock in the afternoon"で「午後3時に」です。

 

直訳すると、「あなたがもし午前3時に何かについて考えたら」って感じですね。

 

 "and then again at noon the next day ,"

 補って考える

"and then again"は文法的に考えると、「そしてそれかもう一度」「そしてその上でもう一度」という感じで理解するのが良いのかなと思います。

「もう一度何なのか」の表記がありませんよね。

 

ここは、"again"の前に"you think about something"が省略されているのではないかと思います。

"and then you think about something again at noon next day”

と言う感じ補って考えると訳しやすいです。

 

英語を話せるようになるためには、こんなに硬く考える必要は無いのかもしれません。

わざわざ補わなくても、なんとなく分かりますもんね。

けれども受験のために英語を勉強するのであれば、こういったことを文法的に足りない要素は何か、常に分析して考えるのは大切です。

 

直訳すると、「そしてそれからもう一度、あなたがもし次の日のお昼に何かについて考えたら」と言う感じ。

 

 "you get different answers…"

 

 直訳すると、「あなたは違った答えを得るでしょう…」見たいな感じ。

 

全てをつなげると、

「あなたがもし午前3時に何かについて考えたら、そしてそれからもう一度、あなたがもし次の日のお昼に何かについて考えたら、あなたは違った答えを得るでしょう…」

と言った感じです。

 

一つの場所に固まり過ぎない

勉強をしていると、自分の部屋の机に長時間いることが増えます。

もちろんそれは間違いではありません。

 

けれど何か物事を考える時は、なるべくいろんな場所で考えた方が良い。

一つの場所、特に机に座って考え事をしていると、どうしても考えがネガティブな方向に向かいやすいんです。

 

そこでこれからのことを考えてしまったりすると、もうマイナスな事ばかり浮かんでしきて。。。

 

以前受験生に朝ウォーキングをおススメしていますが、↓

【オススメ健康法】受験生には朝ウォーキングを! - 浪人先生とちょっと一息

 

屋外とか、なるべく開けた場所で体を動かしながら考え事をすると、良い考えも浮かんでくるものです。

 

とくに浪人生については、そうでなくてもネガティブな気持ちになる環境が沢山あります。

時間が少しもったいなく感じたとしても、積極的に気分転換を取り入れてください。

どうか気持ちを少しでも軽くして、明るい気持ちで勉強を続けていってほしいです。

 

明るく、前向きに。頑張っていきましょう。

 

 他にもスヌーピーの名言について紹介しています。

是非ともご覧ください!

↓↓↓

スヌーピー カテゴリーの記事一覧 - 浪人先生とちょっと一息

 

スヌーピーの作品集は↓から。