浪人先生とちょっと一息

元浪人生の会社員が、受験やその他諸々について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。受験生はもちろん、そのご家族の皆さんにこそご覧いただき、少しでも役立つ部分を持って帰っていただきたい。そう思って書いています。

【有名人と浪人経験】安住紳一郎アナウンサー

f:id:roninsensei:20181117151136j:image

今回は、浪人経験者の有名人として、人気アナウンサーの安住紳一郎さんのエピソードをご紹介したいと思います。

 

 

プロフィール

 

出身地

 

北海道帯広市 北海道帯広柏葉高等学校出身

 

最終学歴

 

明治大学文学部文学科卒(1浪)

仕事  

 

大学卒業後、TBSテレビ局に入局。現在の肩書きはアナウンス部次長。

人物  

 

今や日本で1,2を争うスターアナウンサー。

 

「好きなアナウンサーランキングでは五回連続1位となり、殿堂入りを果たしている凄い人。

 

同業者も賞賛する堅実な仕事ぶりと、端正な顔立ちや親しみやすい雰囲気で人気ですよね。

過去にはなんと、いくつかのテレビドラマにも出演経験があります。(グッドラックとか、私も見てました。)

 

お姉さんの影響で以前は教師を目指していたそうで、教員免許も取得されているようです。

     

浪人時代

 

人気局アナウンサーという、エリートサラリーマンのイメージが強い安住さんも、浪人経験者だったんですね。

 

安住さんが受験をした当時は、大学受験を受ける人が現在と比べて非常に多く競争が激しい時代でした。

 

辛かった浪人時代

 

安住さんご自身、自分の受験生活は辛く厳しく、とても暗いものだったと認識されています。

テレビやラジオで、アナウンサー等から気軽に「受験生の皆さんは頑張ってください」なんて言わてイラッとした思い出があると、自身が出演したラジオ番組で語っています。

 

なので受験生へは今でも安易に声がかけられず、言葉を飲んでしまうのでテレビ番組等でも困ることがあるとの事。

 

他にも、センター試験がうまく行かなかった帰り道に買ったCDに入っていたB’zの『ALONE』を聞いて涙した話とか・・・・

ホントに当時の辛いエピソードが沢山、しかも昨日のことの様に鮮明に出てくる方であります。  

(参考:安住紳一郎 大学受験への複雑な思いを語る)

 

浪人生なら他人事に思えない、本当に泣ける程に良く分かる話ばかりです。。。。

読んでいると当時の気持ちを思い出して、思わず胸が痛くなってきます。。。

 

そんなエピソードも踏まえて現在の活躍を見ていると、

 

「浪人する意味はきっとあるんだよなあ」

 

全国の浪人生に勇気をくれる方ですよね。

 

今本当に精神的に辛い状態にいる浪人生も、どうか未来への希望を持って、努力をやめないでほしいなと改めて思います。

 

その気持ちや経験はきっと、後の人生の糧になってくれますから。

 

明るく、前向きに。頑張っていきましょう。