浪人先生とちょっと一息

元浪人生の会社員が、受験やその他諸々について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。受験生はもちろん、そのご家族の皆さんにこそご覧いただき、少しでも役立つ部分を持って帰っていただきたい。そう思って書いています。

学校に行く意味

f:id:roninsensei:20181103013040j:image

こんにちは、こんばんは。

 

「学校で勉強しても無駄だと思う」

「学校の勉強は、将来なんの役にも立たない」

「なんでもっと意味のある事を教えないんだろう」

 

こういった風に思う人、こういった話を聞いたことがある人は、沢山いると思います。

 

 

では、

「勉強なんてなんの役にも立たないよ〜」

と思う人は一体、学校に何を求めてるのか。本当に意味がないのか。

今回は一緒に考えられたらと思います。

 

学校に求めるもの

 

多くの人が求めるのは、将来働いて生きて行くために必要な力なんじゃないかと思います。

 

だから難しい数式なんかが出てくると、「意味がない」と感じるんですね。

自分の普段の生活とかけ離れていて、必要である実感がわかない。

 

実際、数式なんて必要のない仕事は沢山あります。結果的に数式を覚えた事が無駄になる人も多い。

 

そんなことよりも、生きていくにはお金が必要です。「お金の稼ぎ方」を教えてくれたらいいなぁと思いますよね。

けれどそんな貴重な知識、学校の先生が知ってたら自分で使うと思いません?

他人に話すなんてもったいない。

みんなが稼ぎ方を知ってしまったら、競争が激しくなってしまう。

 

だから「お金の稼ぎ方」も、学校で教えるのは厳しそう。

 

ますます、学校って必要ないんじゃないかと思ってしまいます。

 

学校は卒業するだけで意味がある

 

確かに高校まで行って勉強すると、実生活に役立たない知識も多く出てくるかもしれません。

 

けれど、義務教育は中学校まで。

乱暴ですが、高校へは行かないという選択肢だってあります。

 

それなのに、「勉強なんて無意味」と言いながらも、他の多くの人と同じ様に高校へ通う。

 

それはやっぱり、まだまだ高校を卒業した方が生きやすい世の中だからなんだと思います。

 

就職する時の選択肢が違ってきます。

 

学歴がその人の価値を決めるわけでは決してありません。

けれども職場の人は、あなたの人間性深くまでは分からない。

いくら上手に質問をしたって、たった数十分の面接であなたという人間の本質を理解するのは無理なんです。

 

そりゃそうですよね。

そんなに簡単に自分の事をお見通しなんて、むしろ納得できない。

人はそんなに簡単なものじゃないですよね。

 

「面接であった時の第一印象・インスピレーションだけで採用を決める」

そんなカリスマみたいな力は、普通の採用担当者には無いんですよ。

 

フィーリングは確かに大切です。この人と働きたい!と思える人を雇うのが一番。

けれどそれだけでは地に足のついた面接とは言えません。

 

「この人はどれだけ我慢強いのか」

「この人は自分の興味のない事にもどれだけ真剣に取り組めるのか」

 

こういった事を判断するために、学歴を「ものさし」の一つにするのが無難なんです。

 

だから、「意味がない」と感じる勉強をどれだけ頑張れるかは、それなりに大切な事。

 

学校を卒業するということは、そうやって頑張ったことの証明になるんですね。

 

 

学校が必要のない生き方もある

 

「意味のない事に時間を使いたくない」

 

と思う事も正解です。

むしろ学生時代にそう思えるって、凄い事だと思う。

 

特に、「お金を稼ぐ」ということだけに関して言えば、必ずしも学校にこだわる必要は無いんじゃないかと思います。

 

今の時代、ほとんど無料で大半のことを勉強できます。

 

お金の稼ぎ方も多様化してきていますし、それに伴って人の生き方も多様化してきています。

 

学校でそれら全てに対応していくのは、なかなか厳しいでしょう。

だから、学校に行かない選択肢だってある。

 

高校に行くより違う事をする方がメリットが多いのであれば、それは立派な選択肢。

 

高校だけじゃなく、大学なんてまさにそうですよね。理屈は同じです。

 

本気になれば勉強なんてどこででもできる。

大学受験をするくらいの年齢ならばなおさらです。

 

自分で出した結論なら、ご両親に納得してもらって、後悔のない様にするべきです。

 

 

物事に意味を持たせるのは自分自身

だけども何らかの理由で進学する事を選んだ、もしくは考えたのなら、もうそれだけで勉強する意味はあるんです。

 

 

よく、受験勉強は無意味だと言われます。

否定はしません。

実際に、私が受験生の時に暗記した日本史の年号・登場人物は、今の私の日常には全く登場しません。完全に雑学と化しています。

 

けれども私は、そんな「無意味な」暗記にバカみたいに一年中明け暮れていた事を、全く後悔していません。

それは、目的を果たす為に必要だったから。

 

これは私だけに当てはまる話ではないと思います。

何かを成し遂げるために進学をする。

その為に勉強をする。

目的を達成する為の勉強なら、それはもう結果を出すしかない。

結果を出すためなら、方程式の一つ一つが役に立つかどうかなんて、大した問題では無いんです。

 

その勉強に意味が出るかどうかは、あなたの考え方次第なんです。

 

 

最後に

長くなりました。。すみませんです。。

自分のためにやる事なら、誰が何と言おうが意味はあります。

他人に迷惑さえかけなければ、気にすることはありません。

 

どんなにくだらない目的でも構いません。

目的があるのなら、まずはやりきる事を考えてほしいなと思います。

 

明るく、前向きに。頑張っていきましょう!

 

Message body