浪人先生とちょっと一息

元浪人生の会社員が、受験やその他諸々について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。受験生はもちろん、そのご家族の皆さんにこそご覧いただき、少しでも役立つ部分を持って帰っていただきたい。そう思って書いています。

定期テスト対策と受験対策

f:id:roninsensei:20181027200245j:image

こんにちは、こんばんは。

 

毎日の勉強、本当にお疲れ様です。

 

みなさんは、普段の勉強において、入学試験を意識してやっていますか?

それとも、定期テストを意識してやっていますか?

 

何をやるにも、目標を意識してやるかどうかで効果は大きく変わってきます。

 

そこで今回は、私が考える「定期テスト対策と受験対策」について共有したいと思います。

 

 

  

定期テストと入試は全くの別物

まず言っておきたいのは、両者は全くの別物だという事。

 

最大の違いは、

 

定期テストは出題範囲が限定的

入学試験は出題範囲が広い

 

これに尽きます。

 

正直定期テストのというのは、基本的には試験範囲の狭められた、試験としてはかなり甘いものなんです

 

 

ベースは受験対策で

本来は普段から定期テストと入学試験両方の対策をやるのがベストだと思います。

 

けれども、なかなかそこまで時間をかけるのも大変ですよね。

 

そこで、どちらか一方を取らなくてはならないのなら入試対策をした方がベターだと思います。

その理由を以下にまとめます。 

 

勉強の進み具合は人それぞれ

人によって、どれだけ勉強が進んでいるかは違いますよね。

高校生であっても、中学レベルの学習からやり直す必要がある人もいます。

その逆に、学習が進んでいる人はどんどん先に進まなくてはもったいないです。

だから、学校のカリキュラムに無理にあわせる事はないんです。

 

自分がやるべきところから勉強をやっていくべきです。

 

入試対策はテスト対策にもつながる

また基本的に、入試対策はそのまま定期テスト対策にもつながるはずです。

 

というか、入試対策が通用しない定期テストが仮にあるのなら点を取れる必要もないと思います。

 

学校の成績はそこまで重要ではない

正直私は、自分が高校生の時にどれだけの成績だったかを覚えていません。

 

推薦入試を考えているような方を除いて、基本的には卒業できるだけの成績を取れれば、入試には何の問題もありません。

 

定期テストの順位は、あまりに気にしすぎない方が良いのではないかと思います。

 

定期テスト対策は不要?

かと言って、定期テストの勉強を全くしなくて良いという訳ではありません。

 

あまりに成績が悪くなり、周囲に心配をかけたり勉強のモチベーションが下がってもいけません。

 

ではどうするか。

 

定期テストの対策は、テスト直前に行いましょう。

 

そういう人、すでに多いんじゃないですか?

 

さっきも言ったように、定期テストというのは試験としてはだいぶ甘いものです。

 

だから、普段なかなか勉強していないという人でも、直前期にしっかり対策すれば、それなりの点数は残せるものなはずなんです。

 

一夜漬けでなんとかなるならそれでも良いと思います。

 

けれど、それだと精神的に厳しいという方はテストの2.3日前〜1週間前くらいに対策をすると良いでしょう。

先述のとおり、定期テストは範囲が限定的な事がほとんどです。

 

また、授業中に先生がテストにでる部分を教えてくれることもあったりします。

逆に、先生によっては出題のクセがあったりしますよね。

そういう情報をかき集めて、テクニックも含め最短で点を取る努力をするんです。 

 

入試対策を真剣に行っていれば、全くたちうちできないということは徐々になくなってくると思います。

 

「どうすれば一点でも多く得点できるのか」

 

と、効率の良い点の取り方を身につけることをテーマとして、毎回のテストを乗り切ってみてください。

そういうスタンスは、入学試験の時にも意外と役立ちます。

 

また定期テストが返却された後、受験に使用する予定の科目についてはできたところもできなかったところも、復習は必ずやりましょう!

 

どんなテストも、復習をして初めて効果があるものです。

せっかくのテスト問題。無駄にせず、知識を吸収するのに最大限利用しましょう。

 

明るく、前向きに。頑張っていきましょう!

 

 

Message body