浪人先生とちょっと一息

元浪人生の会社員が、受験やその他諸々について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。受験生はもちろん、そのご家族の皆さんにこそご覧いただき、少しでも役立つ部分を持って帰っていただきたい。そう思って書いています。

「将来の夢」を持たない人達へ

f:id:roninsensei:20181009181241p:image

こんにちは、こんばんは。

 

    机に向かって勉強をしていると、結構いろんな事を考えてしまいますよね。

    私はよく、自分の将来がどうなるのかを考えていました。

    私には、弁護士になりたいとか医者になりたいとかそういう、周りの人に言える様な「将来の夢」がありませんでした

   だから、勉強をいくら頑張っていても

 

「自分はどうなるんだろう」

 

    いつもどこか不安に思っていました。

 

 

 

夢を持つって、凄いこと

    だから、夢に向かってひたむきに頑張れるって、本当に尊敬できたしうらやましかった。

    今でも、学生時代に自分の夢をしっかりと持っているって、本当に凄いことだと思っています。

    夢があるだけで、きっと色んな誘惑に負けずに頑張れますもんね。

    今夢に向かって一直線に進めている人は、どうかその貴重な思いを絶やさずに頑張ってほしいです。

   

「将来の夢」を持たない人達へ

    でも、私がそうだった様に、そうじゃない人もきっと沢山いますよね。

    今は学生でも簡単に、ホントに色んな情報に触れる事ができます。

    それだけに、何が一番自分を熱くさせるのか、何が自分に一番なのか、判断するのが難しくなっていると思います。

    ハッキリとした「将来の夢」を持てないで、何となく、ばくぜんと不安になる。

    けれども、そんなあなた、焦ることは全然ありません。

    大丈夫です。

 

将来の夢は必要か

    結論から言うと、「将来の夢」が無くたって人は立派に頑張れるし、楽しい事を沢山実現していくことができます。

 

    夢がない、という人にも、何らかの欲望はあるんじゃないですか?

    たとえば、

 

「異性にモテたい」

「将来いい家に住みたい」

「両親や兄弟に認められたい、安心させたい」

「誰かを見返したい、誰かに勝ちたい」

 

こういう気持ちのことです。 ありません?

     全然、誰かに言わなくてもいいんですよ。

    こういう気持ちがあるのなら、あなたは頑張れます。充分、努力ができる人なんです。

 

    「無い人はどうすれば良いんだ!」

 

    と思う人もいるかもしれません。でも大丈夫。

    欲望は誰にでもあるものです。

 

「欲望」は人の原動力

    欲望という言い方をすると、抵抗感がある人もいると思います。

    なんだか悪人が使いそうな、マイナスイメージもどこかありますよね。

   けれども、欲望を持っていて、それを自覚するってこと自体は全然悪いことじゃないんですよ。

   むしろ、自分を突き動かす原動力にして良いんです。

 

   さっき挙げた例以外でも、なんでも良いです。自覚していないだけで、きっとあなたにもあります。少しだけで良いので考えてみてもらえると嬉しいです。

 

「これだけはゆずれない、ゆずりたくない」

 

    そう思えれば思えるほど良いです。

    どんなにかっこ悪くて、無謀で低俗な欲望でも構いません。他人に言う必要は無いんですから。

    

 

勉強は欲望を叶える道具の一つ

    最初に断っておきますが、勉強自体が好きな人は別ですよ。

    そうじゃない人、「何で勉強しなくちゃいけないのか」と悩んでいる人に向けて言えるのは、勉強は、誰にも迷惑をかけずに自分の欲望を叶えることができる、手段の一つだということ。

 

    大学に行くのが全てでは、全然ないと思います。

    他の方法で自分の欲望を実現し、生活していけるのであれば、勉強以外の選択肢を取ることもできます。

    勉強は手段の一つに過ぎませんから。

 

    けれども、自分なりの思いがあって、すこしでも勉強しようと思えているのであれば、不安だったとしてもその努力を継続してほしいです。きっと意味はあります。

    努力を続けて、いろんな事に触れて自分なりに考えていけば、色んなことが見えてきます。

   また、結果を出すと、それだけで考え方は変わってきます。

    大学も、そういう意味では結構良いところです。

   以前、やる気に関しての記事を書かせていただいたこともありますので、良かったら合わせてご参考にしていただければ幸いです。

やる気を引き出すただひとつの方法 - 浪人先生とちょっと一息

 

 

 

    少し寒くなってきて、明確な目標があったとしても落ち込みやすい時期です。

    そんな中でも、続けていれば見えてくることもありますから、明るく、前向きに。    

        

    

    

    

 

       

Message body