浪人先生とちょっと一息

元浪人生の会社員が、受験やその他諸々について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。受験生はもちろん、そのご家族の皆さんにこそご覧いただき、少しでも役立つ部分を持って帰っていただきたい。そう思って書いています。

勉強計画は、時間ではなく量から決める

f:id:roninsensei:20181007133509p:image

こんにちは、こんばんは。

 

今回は、題名の通りです!!

…ですが、どういう意味なのかと理由について、ご説明をしたいと思います。

 

 

 

「時間ではなく量」とは?

    「今日は勉強するぞ〜!」

    と言って勉強のスケジュールを立てる時、結構みなさん、

 

「よし、6時間やろう!」

 

という具合に、勉強時間を目標にしていたりすると思います。

   そうではなくて、

 

「今日は10ページから25ページまでやろう」

「単語を50個覚えよう」

「この問題を納得できるまで解こう」

 

    みたいな感じで、勉強する分量からスケジュールを立てる事を、ここでは「量から決める」と言わせていただきます。

 

時間で決めない方が良い理由

    「時間から決める」ことがダメだとは言いません。けれど、結構辛くないですか?

   まず、時間から決めるのをオススメしない点を挙げさせていただきます。

 

勉強内容が漠然としやすい

    時間を目標にしていると、勉強内容がはっきりせずに行き当たりばったりになりがちです。

   結果として、凄く時間をかけてやったのに、やらなくてはならないところまで終わらない、なんてことが起こり得ます。

 

結構ダレる

    人間、そんなに集中力は持ちません。通常で40・50分、頑張っても90分位が限界と言われています。

    長時間勉強すると、どうしてもダレてきます。これはあなたの意志が弱いからとかではなく、人間である以上自然なことです。

    ダレたまま勉強をすると、やっぱりほとんど身につきません。せっかく机に向かってるのに、これはもったいないですよね。

 

量から計画を立てる際のポイント

    次に、量から計画を立てる際のポイントを共有します。

 

量にはゆとりを持たせて

    「頑張るぞ〜!」って時には、ついつい多くの量を詰め込もうとし過ぎてしまいます。

    それで達成できないと、勉強自体が嫌になったり落ち込んだりする原因になります。

    ですのでなるべく自分が達成できる、無理のない量を目標に設定した方がベターです。

   それを達成できて、まだやる気が持続しているのであれば、プラスの勉強をする。それくらいのやり方の方が長続きします。

 

時間を決めるなら短めに

    先程言った通り、集中力の持続時間には限界があります。

    ですので、時間設定をするのであればむしろ、短い時間で設定した方が良いのです。

 

   以前、「ポモドーロテクニック」という短く区切った勉強法をご紹介しましたので、こちらも是非ご参考にしてください。

あなたの勉強方法、改善します - 浪人先生とちょっと一息

 

    量を決め、それを短時間で集中してこなし、休憩する。このサイクルを出来るだけ沢山繰り返す事が、勉強上手への道かなと思います。

 

毎日計画的に

    毎日の勉強を無理のない量にしようとすると、どうしても日数がかかってきます。

    試験の日が決まっているのであれば、そこから逆算して毎日の勉強量を決めていきましょう。

   また、勉強計画を一週間単位で区切り、その中に予備日を一日作るのも有効です。

   予備日には基本的に勉強予定を入れず、一週間でやりきらなかったところを予備日でやるようにします。

   一週間順調に進んだら、予備日は思い切って休んでしまいましょう。

    

 

目標設定は絶えず見直していく

    この勉強法のキモは、量の決め方です。これは人それぞれ違います。また、勉強を繰り返すことで、出来る量は徐々に増えていきます。

    ですので、量の設定は勉強のたびに見直していきましょう。やればやるほど、勉強上手になっていける訳ですね。

 

    以上が、ポイントでした。

 

繰り返すことが最重要

    勉強は、いかに繰り返すことができるかが重要です。愚直に、何回も何回も繰り返すことが出来るようになると、学生としてはかなり強いんです。

    私はいろんな記事で似たような事を言ってると思います。しつこくてすみません。

    けど、本当にそう思っているんです。

    多くの人にとって、本当に重要なのは頭の良さではなく、続けられる環境を作ることだと思います。

    自分が勉強を続けるにはどういうやり方が一番良いのか、色々探してみていただけると、私としても凄く嬉しいです。

 

    どうしても辛い時期が続くこともあると思いますが、明るく、前向きに頑張っていきましょう。

    

 

 

Message body