浪人先生とちょっと一息

元浪人生の会社員が、受験やその他諸々について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。受験生はもちろん、そのご家族の皆さんにこそご覧いただき、少しでも役立つ部分を持って帰っていただきたい。そう思って書いています。

健康維持に鼻うがいをしましょう!

こんにちは、こんばんは。

 

   受験生活には、健康維持が必要不可欠です。体調を崩してしまっては勉強ができなくなりますし、入試当日に体調不良になんてなってしまったら、目もあてられません。

 

   よく食べよく寝て、規則正しい生活を送る事が大切なのは言うまでもありませんが、今日は、健康維持に私が超オススメします、鼻うがいについてお話をさせてください。

     これを習慣にすれば、健康維持だけでなく、異性にモテる、なんて副賞もついてきます。嘘だ!と思ったあなたも、どうか期待して、最後まで読んでみてください。

f:id:roninsensei:20180921235812j:image

用意するもの

  • 人肌程度のぬるま湯
  • ぬるま湯を入れる容器

   以上!です。水道とガスが通っていて、塩があれば誰でもできます。

   衛生面を万全に考えるのであれば、ぬるま湯は一度沸騰させてから冷ました方が良いと思います。(私はそんなこと気にせずお風呂でやっていましたが。。)

   容器はコップでも洗面器でもなんでも良いです。清潔なものをつかいましょう。

   塩はホントになんでも良いです。高価な塩を使ったらもったいないので、食卓にあるやつでやりましょう。

 

基本的なやり方

1.人肌程度のぬるま湯に、塩を溶かす

   食塩水の濃度は、0.9%が目安です。

  コップ一杯のぬるま湯に対して、小さめのスプーン一杯くらいの塩でオーケーです。

 

2.片方の鼻の穴を手で抑え、もう片方の鼻の穴へ食塩水を流し込む

   結構勇気が要りますが、案外大丈夫です。まずはやってみましょう。

 

3.吸い上げた食塩水を口から出す

   最初は口から出すのが難しければ、鼻から吸って鼻から出してもOKです。

   徐々に慣らしていきましょう。

 

鼻うがいの効果

  • 風邪や花粉症の予防

   風邪のウイルスや花粉は鼻の奥、喉と鼻の間の辺りに多く溜まります。鼻うがいでここを洗うことで、予防効果が期待できます。

   外出から帰ってきたら「うがい・手洗い」だけではなくて鼻うがいもしましょう。

 

  • 鼻詰まりや蓄のう症の軽減 

   鼻炎や蓄のう症に悩んでる方って、割と多いですよね。鼻うがいは鼻を清潔にしますから、これらの軽減効果も期待できます。

 

  • 鼻筋が通る

   ちょっと冗談っぽく聞こえたかもしれませんが、ホントです。

   他の場所は日常的に洗っても、鼻の奥を洗う人はあまりいません。大体の人が汚れてるってことですね。

   なのでここに溜まった膿や老廃物を洗い流すことで、詰まりを改善したり炎症を抑え、鼻が小さくなる効果が期待できるんです。ある程度の継続が必要ですが。

   鼻筋が通ると顔の印象が変わります。ひっとしたら、異性からのあなたを見る目も変わるかもしれませんね。

 

  • 単純に、気持ち良い 

   慣れてくると鼻から入れて口から出すのが快感になってきます。鼻を洗ってる感覚も、普段持てないのですごく良いです。その点からも、オススメです。とにかく、まずやってみましょう。

 

注意点

  • 必ずぬるま湯の食塩水を使う

   いちいち食塩水を作るのが面倒と思うかもしれませんが、これを怠り水をそのまま鼻に入れると、鼻の奥がツーンとしてしまいます。あの、プールで鼻から水が入った時の痛いやつです。

   そんなに手間ではありませんから、ちゃんと作りましょう。また、市販の鼻うがい液もありますから、お金に余裕があればそちらを使うのも良いですね。

 

  • 人前でやる時は注意

   やってみると分かりますが、はたから見て、あまり綺麗ではありません。なるべく人がいないところでやりましょう。お風呂に入ってる時にやるのが、個人的にはオススメです。

 

   以上、鼻うがいのススメでした。あなたが健康的な受験生活を送っていただければ、すごく嬉しいです。

 

明るく、前向きに。頑張っていきましょう。

 

Message body