浪人先生とちょっと一息

現役時代全落ち→一年間の宅浪→早稲田政経→金融機関に就職の会社員が、受験やその他について書いています。ちょっと一息ついて行きましょう。

欲しがりません勝つまでは【浪人生こそ「生活は健康的で規則正しく」が成功のカギ】

f:id:roninsensei:20180921155555p:image

こんにちは、こんばんは。

 

 題名の標語をご存知ですか。

日本史を選択している人はきっと耳にした事があるんじゃないかと思います。

 

これは、太平洋戦時中に日本国民を抑制するための戦時標語の一つです。 

戦時中の物資不足に対する国民の不満を抑えようと、

 

「戦争に勝つまでは贅沢を言わないようにします」

 

というスローガンを掲げました。

 

今の世の中、こんな考え方はなかなか馴染みませんよね。

けれども、浪人生の生活においては大切な考え方なんじゃないかと思います。

(不謹慎に感じたらすみません。。。)

 

浪人生って、ホントに肩身がせまいですよね。

基本的に、世の中は浪人生のためには出来てません。

 

けれども、たとえどんな状況でも結果は出さなくてはいけない。

 

どうやって浪人生活を続けていこうと途方にくれている方へ。

私が自分の浪人経験から思う大切なポイントをいくつか整理しましたので共有したいと思います。 

 

 

規則正しい生活を

もちろん、精神論ではありません。

昼まで寝てしまったり、毎日寝る時間がバラバラだったり、そんな風になってしまっていません?

また、調子が乗ってきたからと言って徹夜で勉強したりしてません?

 

朝起きて、夜寝る。

 

当たり前に聞こえる、これが結構大切なのです。

理由を下記にまとめます。

 

  • 周囲の理解を得る事が重要
  • 試験は朝から
  • 集中力は朝がピーク
  • 睡眠は十分にとらないと×

 

一つずつ見ていきます。

 

周囲の理解を得ることが重要

 多くの浪人生が、両親や家族の支えのうえで、浪人生活を送れています。

それは精神的も経済的にも、です。

そんなご家族の信頼を失っては、毎日肩身の狭い思いをしなくてはならなくなります。

 

勉強って、なかなか努力してる様子を周囲に伝えにくいものですよね。

机に向かって黙々と続けてますから、ぼーっとしてるか集中してるか、はた目からは分かりにくい。

 だから不規則な生活をしていると、いくら頑張ってても、

 

「自堕落な生活をしてるな〜。」

 

なんて思う人も出てくるんです。

 

その点、規則正しく生活しているだけで違ってきます。

毎朝決まった時間にきちんと起き机に向かっているだけで、自己管理がきちんとできてる印象を周りに与えます。

どうせ頑張るなら、家族を安心させてあげましょう。

 

試験は朝から

基本的に、大学入試は午前中から行われます。

普段からその時間帯に頭を使うことに慣らしておかないと、本番で力が発揮できません。

とてももったいないです。

 

集中力は朝がピーク

朝は夜の倍、集中ができると言います。

朝活なんて言葉もありますよね。

 

集中力は勉強の質を大きく左右します。

どうせやるなら効果的な時間帯で勉強をしましょう。

 

 

睡眠は十分にとらないとダメ

当たり前ですが、睡眠を取らないと、頭が正常に動かなくなります。

徹夜で勉強はやめましょう。

 

睡眠については、下記記事にまとめています。

参考にしてみてください。

www.roninsensei.com

 

 

勉強以外のこともやろう

人間には限界がある

浪人生には沢山の時間があります。

なので浪人なんだから頑張らないとと、ついつい一日中勉強をしてしまおうとしがちです。

 

けれども、人間そんなに集中できるものではありません。

好きな事ならまだしも、起きてる時間全部を勉強に充てるなんて無理なんです。

 

計画的に動く事が大切

1日のうちの何割かは、積極的に息抜きに使いましょう。

漫画でもテレビでもスポーツでも、なんでも良いです。

 

大切なのは、スケジュールを自分でコントロールすることです。

遊んだり休んだりするのも、計画の内。

 

そんな風に自分の計画通りに生活できている実感を持つと、少しずつ充実感を感じることができるようになります。

 

精神衛生上、とても大切です。

 

贅沢は敵だ

また戦時スローガンを出して恐縮ですが、大切な考え方だと思います。

息抜きは大切だと言いましたが、あくまでも努力する事が前提です。

息抜きに没頭する様では、本末転倒なんです。

 

浪人生活に満足するようではいけません。

浪人生活は、後にもっともっと素晴らしい人生を送るための修行期間。

この経験を人生の肥やしにしなくては、ホントにもったいないです。

 

「ここから抜け出さなければ」

「絶対に合格して、充実した楽しい生活を送るんだ」

 

そういうハングリー精神をもって、我慢することは我慢することが大切です。

それが嫌であれば、浪人を選択するのはちょっと危険です。

辞めることも視野にいれるべきです。

 

まとめ

  • 規則正しい生活をする
  • 息抜きもきちんとする
  • 我慢すべきところは我慢する

一言でまとめると少し陳腐な気がしますが、以上が私が思うポイントです。

 

更に具体的に知りたいという方には、宅浪の方向けに成功のポイントをまとめた記事があります↓。

www.roninsensei.com

 

 宅浪生のみならず全ての浪人生に当てはまると思いますので、是非ご参考にしてみてください。

 

1年は長い様に見えてあっという間に過ぎていきますから、計画的にいきましょう。

 

明るく、前向きに。

頑張っていきましょう。